釈迦その人の思想

供養に関しても、お釈迦様の教えはこうだから、こうでなきゃいけない、というドグマから開放されるために、釈迦の思想について、書きます。

一般には原始仏教、初期仏教の思想が釈迦の思想として語られますが、もっと厳密な研究による、それとは異なった姿を描きます。

仏教の起源になった釈迦族出身のゴータマ・シッダールタという人物は、紀元前5世紀頃に実在したようです。
ただ、釈迦に関する客観的な記録はなく、釈迦伝のほとんどは、後世の教学から都合よく作られた神話・伝説の類であると想像されます。

初期の経典の内容は、釈迦没後すぐに500人の阿羅漢の確認のもとで成立したことになっています。
これもうまく出来過ぎていて、経典の権威付けのための作り話ではないかと疑われます。

もしそれが事実だとしても、経典が最初に記されたのは、釈迦没後数百年たってからです。
この間に大きく変わった可能性が強いでしょう。
その後も、その時代その時代に経典は再編集されたり創作されたりし続けました。
経典ごとに思想は異なり、変化しています。

ですから、釈迦の思想を確定的に知ることはできません。
しかし、歴史学的な経典研究によって、最古層の経典のみを先入観なく読むことで、釈迦の思想に最も近いものを知ることができる、という可能性が高いでしょう。
また、その後の仏教思想の変化と逆方向に遡ることで、釈迦の思想を予想することができます。

最古層の経典は、原始仏典のパーリの小部収録『スッタニパータ(経集)』の第4章として修められている『八つの詩句(義足経)』と、第5章として修められている『彼岸に至る道』です。

この2つの経典は、釈迦に対するQ&Aの語録が中心です。
その原典は、釈迦存命時に、弟子が布教時に使った口承経典である可能性もあるそうです。
この2つの経典は一貫した思想を示していますが、後の仏教思想とはかなり異なる部分があります。

例えば、教義、戒律、宗教的な儀式などでは悟れないとして、それらを否定しています。
特に、教義を持たず、論争しないようにと何度も言っています。

輪廻に関しては、直接に述べていません。
ただ、死後への執着や偏見を持つなと言います。
おそらく、死後に関心を持つこと自体を退けていたようです。
仏教が輪廻を教義の中心に置くのは、その後です。

解脱者は消滅するのか、それとも不滅となるのかという質問には、解脱者はそういった議論は行わないと、質問の枠組み自体を否定します。

両経典では「ブッダ」という言葉はほとんど使われていません。
その後の古層経典では、「ブッダ」という言葉は、仏教に限らず、解脱した人物に広く使われ、釈迦の弟子の何人かも「ブッダ」と呼ばれていました。
釈迦を特別に神格化することは、さらにその後の仏教の方向です。

この2つの経典が述べている核心は以下のことです。

人は人が作り出した言葉やイメージ(表象)によって認識する。
しかし、その対象は実際には存在しないにもかかわらず、それが存在していると思って執着・欲望を抱く。そのため、苦が生まれる。
従って、あるがままを、言葉やイメージの対象が存在しないことを認識し、言葉やイメージによる識別作用を捨て去り、それに執着しないように、常に自覚しているように。

「昼夜に渇愛の滅尽を見よ」という句もあります。
常時、内省を保ち、人為的な錯誤に起因する欲望・執着が心に生まれたら、すぐにそれをなくすようにせよ、ということでしょう。
後に「正念正知」とか、「観(ヴィパッサナー瞑想)」と呼ばれる行です。

以上でほぼすべてです。
宗教的な側面も、形而上学的な側面もほとんどありません。
現世の体験に興味を絞って、人間が無意識に行っていることを合理的に分析しています。
現代の精神分析学のフロイトやラカンが欲望の根源について行った分析に似ていると思います。

以上は後の仏教でも基本となる思想ですが、シンプルな主張に留めています。
初期仏教の基本概念とされる「無常」、「無我」、「縁起」という言葉も出てきません。
この後すぐに「諸行無常」「諸法無我」…と教義化、形而上学化されていくわけですが、2つの経典はその方向をはっきりと拒否しているところが重要だと思います。

一応付け加えますが、もちろん釈迦の頭の中には、浄土もなければ、阿弥陀仏も、供養に関する仏事もありませんでした。

『スッタニパータ』を読む人の99%は、『ブッダのことば スッタニパータ』中村元(岩波文庫)を読みます。
他に、『ブッダの教え スッタニパータ』宮坂宥勝(法蔵館)も知られています。
しかし、どちらも後世の仏教思想を前提に解釈しているところが多いので、まったくお勧めできません。
ですから、日本で『スッタニパータ』をまともに読めている人はほとんどいないと思います。

『ブッダのまなざし スッタニパータ第四章・第五章』(アムリタ書房)などの正田大観訳をお勧めします。
また、解説書では、『スッタニパータ 仏教最古の世界』並川孝儀(岩波書店)をお勧めします。

(2010)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック