大きなライフサイクル

供養は通過儀礼と表裏一体のものです。
伝統的な文化における通過儀礼の意味を、大きなライフサイクルの中で捉え、供養の意味をその中で位置づけてみます。

まずは、「大きなライフサイクル」についてです。

伝統的な基層文化では、人間(の魂)を大きなサイクルの中で考えます。

この世に誕生し、成長して成人し、成熟して長老になり、死んであの世に行き、供養によって浄化されて先祖霊(祖神)になり、子孫を見守り、やがて子孫としてこの世に再生する、というサイクルです。

そのサイクルの中で、いくつもの違った身分(人格・神格)を経験していきます。
身分を変える時に行うのが「通過儀礼」です。

全体としてのライフサイクルは大きく4つのプロセス(期間)に分けることができます。

① 成長のプロセス :誕生→成人
② 成熟のプロセス :成人→死
③ 祖神化のプロセス:死→祖神
④ 祖神としての期間:祖神→誕生

③④は、儀礼を主催するこの世の人間の側から見ると、③が供養、④が一般の祭り(先祖祭)になります。

ライフサイクルは、「この世(①②)」⇔「あの世(③④)」の循環です。
誕生には「受胎→出産」という中間段階があります。
死にも「葬儀→埋葬」という「中有」とか「もがり」と呼ばれる中間段階があります。
「あの世」は「この世」の創造の母体で、心理的には意識の母体としての潜在意識です。

また、ライフサイクルは、「普遍化(②③)」⇔「個別化(④①)」という循環でもあります。
成人は魂が個別化する極で、祖神は普遍化の極です。
成人は個人として独立することですが、成熟は個人を越えていくことです。
死者の魂は、供養によって個性を脱し、集合的で普遍的な祖神となります。
そして、祖神の元から個人として誕生する魂がやってきます。
(2010)

(続く)

"大きなライフサイクル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。